違反対象物公表制度の概要

※違反対象物公表制度とは
利用者に安心して建物を利用していただくため、消防本部が把握する重大な消防法令違反の情報をインターネット上に公表する制度です。

※公表の対象となる建物とは
飲食店や物品販売店、旅館、病院、社会福祉施設などの不特定多数の方が利用する建物です。

※公表の対象となる違反
建物に設置が義務付けられた屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備が設置されていない場合又は設置されているが維持管理が不適切のため、その主たる機能が喪失している場合です。

※公表する期間
消防機関が立入検査で違反を確認し、建物関係者に違反を通知してから14日が経過してもその違反が継続している場合に、違反が是正されるまで公表します。

※公表の内容
1.建物の名称、2.建物の所在地、3.違反の内容、4.公表した日当ホームページ上に掲載します。